医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

【医療ニュースPickUp】2015年3月30日

医療にまつわる気になるニュースを当研究所独自の目線で掘り下げて記事にしている「医療ニュースPickUp】。このコーナーでは、まだ大手マスメディアが報道していない医療ニュースや、これから報道が始まるだろう時事的医療ニューストピックを、どこよりも半歩素早く取材・記事化していくコーナーです。

PM2.5による健康への影響は、どれほどのものなのか

【2015/3/30】PM2.5による健康への影響は、どれほどのものなのか

 

2015年3月25日、PM2.5に含まれる発がん性化学物質「多環芳香族炭化水素(PAH)」について、中国大陸から能登半島へ飛来する量が、2009年以降は減少していることを、金沢大学の早川和一教授の研究グループが突き止めたと、読売新聞が報じた。

 

25日から神戸市で始まる日本薬学会で発表されるという。

 

研究グループは2004年から輪島市内にある観測施設で調査を行ってきたが、2009年以降、2013年までのデータでは4年間でおよそ4割減っているという。

 

根本的な要因は未だ分かっていないとはいえ、特に冬場は中国北部から飛来することが多くなるが、その原因の1つとして、石炭を燃やして温めた水を各家庭に送る暖房装置が一般的だったことが挙げられる。

 

ここ数年でこうした暖房設備が電気やガスに切り替えられたり、工場に対する環境対策が進んでいることも、PAHの飛来量減少に効果をもたらしている可能性もあると、研究者は述べている。

 

一方、九州や山口、四国の一部では、PM2.5の濃度が上昇する時期が到来した。3月22日には、福岡、佐賀、長崎および山口県で、今季初となる「注意喚起」が出されている。

 

●福岡県:一部の地域では午前6時頃から、その他の地域でも午前11時ころには100μg/m3を超えている
●佐賀県:3月22日の平均値ではほとんどの地域で50μg/m3を超えており、70μg/m3を超える地域もあった
●長崎県:午前5時には100μg/m3を超える地域もあり、午前11には半数以上の地域で100μg/m3を超えた
●山口県:24日現在でも100μg/m3を超える地域はないが、22日の平均値ではほとんどの地域で35μg/m3を超えた

 

PM2.5による身体への影響として、呼吸器系の疾患、特に喘息や気管支炎、肺癌などへのリスク上昇が懸念されているが、その濃度との関連性など、詳細な部分は未だ不明な点も多い。

 

そんな中、アメリカでは大気汚染の改善により、小児の肺機能が向上したという研究結果が公表された。南カリフォルニアで小児を登録した3つのコホート研究により示唆された。同地域においては、過去数十年間の取り組みにより、大気汚染の大幅な削減を達成した。

 

それに伴い、小児の性別や気管支喘息の有無に関わらず、肺機能(1秒量と努力肺活量)の発達が認められたという。対象となったのは、調査を行った時点で11歳から15歳の小児だった。また、15歳の時点で1秒量が臨床的に低い状態にあった小児の割合も、経時的に減少していることが分かった。

 

日本の文部科学省が行っている「学校保健統計調査」によると、調査を開始した昭和42年以降、各学校段階における喘息の者の割合は増加傾向にある。ピークだった2011年以降はやや減少傾向に転じているとはいえ、1クラスか2クラスに1人くらいは「喘息持ち」の小児がいるという計算になる。

 

もちろん喘息の原因は一概にはいえないが、大気汚染が改善すると肺機能が向上するのであれば、将来的に喘息に罹患する小児が減少する可能性もあるのではないだろうか。日本における調査が行われることに期待したい。

 

 

参考資料

 

読売新聞 PM2.5に含有 有害物質の飛来量減少
http://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20150324-OYTNT50310.html

 

朝日新聞 PM2.5の濃度上昇 福岡など4県で今季初の注意喚起
http://www.asahi.com/articles/ASH3Q3V86H3QTIPE008.html

 

山口県 平成27年3月 山口県内におけるPM2.5の日平均値 (3月24日現在)
http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cmsdata/e/b/e/ebeafc4c2c00a70f4cbccfa7d24ab403.pdf

 

長崎県 PM2.5 速報値 2015年3月22日
http://nagasaki-taiki.aa0.netvolante.jp/graph/item/pm25

 

佐賀県 項目別日平均値月報 微小粒子状物質(単位:μg/m3)
http://saga-taiki.jp/pc/average.php

 

福岡県 項目別日報 2015年03月22日
http://www.fihes.pref.fukuoka.jp/taiki-new/Nipo/OyWbNpKm0451.htm?Z3PB08388T06

 

福岡県 微小粒子状物質(PM2.5)に関するよくある質問(Q & A)http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/life/154291_50836627_misc.pdf

 

文部科学省 学校保健統計調査-平成26年度(速報)の結果の概要
http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2015/01/23/1354493_3.pdf

 

日経メディカル 大気汚染の改善で小児の肺機能が向上 米・南カリフォルニアの小児コホート研究が示唆
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/nejm/201503/541320.html

 

The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE
Association of Improved Air Quality with Lung Development in Children
http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1414123#t=abstract

 

【医師紹介会社研究所’s Eye =記事への所感=】

 

今回はいくつかのニュースをまとめてみましたが、PM2.5の飛来量が増える=小児喘息が増えるとは、一概にはいえないだろうとは思います。

 

実際、日本でのPM2.5は、中国から飛来するもの多いようですが、地域によっては国内で発生しているものもあるといわれており、環境省などはこれらへの対策を検討しているようですが、やはり子どもたちにはキレイな空気の中で成長して欲しいと思います。

 

数年前から、この時期は特にニュースなどでも大きく取り上げられるようになったPM2.5。確かに日本で観測されるものの中には中国から飛んできているものも多いのでしょう。中国国内での映像などをみると、怖くて外は歩けないと考えてしまいます。

 

でも、日本でも高度経済成長といわれた時代以降、やはり大気汚染が問題となった頃もありました。当時よりも現在の方が、いろいろな研究が行われ、問題点も明らかになってきているわけですから、何とか上手い対策を、世界レベルで講じてくれないものかと、一般市民の私としては考えています。

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【2015/3/30】PM2.5による健康への影響は、どれほどのものなのか


【2015/3/30】PM2.5による健康への影響は、どれほどのものなのか


【2015/3/30】PM2.5による健康への影響は、どれほどのものなのか


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

【2015/3/30】PM2.5による健康への影響は、どれほどのものなのか

【2015/3/30】PM2.5による健康への影響は、どれほどのものなのか

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法