医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

【医療ニュースPickUp】2015年5月19日

医療にまつわる気になるニュースを当研究所独自の目線で掘り下げて記事にしている「医療ニュースPickUp】。このコーナーでは、まだ大手マスメディアが報道していない医療ニュースや、これから報道が始まるだろう時事的医療ニューストピックを、どこよりも半歩素早く取材・記事化していくコーナーです。

健康維持には“知識”が必要 健康リテラシーと心不全死亡率との関係 

【2015/5/16】 救急車が有料化されたら “入院判定”がカギ?

 

“健康に関する情報の理解力が乏しい患者”は、急性心不全による入院後、死亡リスクが34%高くなる可能性があることが示唆された。自らの健康を維持するためには、“知識力”“理解力”が重要となるようだ。

 

この研究は、アメリカのヴァンダービルト大学医療センター(テネシー州ナッシュビル)助教授のCandace McNaughton氏らによるもの。

 

Candace McNaughton氏によると、“健康リテラシー”の低い患者は、疾患や治療に関する知識としての悪化の徴候の認知、具合が悪いときの連絡先の知識などのほか、医療従事者との意思疎通、医療システムの利用などにも困難がみられることがある。

 

例えば“心不全で入院した患者”は、その退院時に医師や看護師などから非常に多くの医学的指示を受け、食事や生活習慣を大きく変えるよう求められ、さらに毎日多数の薬剤を服用しなくてはならない。

 

McNaughton氏は「患者が最適となる薬の服用法を理解できなければ、症状は悪化し、入院が必要となる。これにより、入退院を繰り返す悪循環に陥ることもある」と述べている。

 

今回の研究は、2010年から2013年までに、急性心不全で入院した1,300以上の患者に対し、アンケート調査により“医療関連書類を1人で記入する自信”、“医療情報の読解能力”などについての自己評価を調査した。

 

その結果、“健康リテラシー”が低いと考えられる心不全患者は、高い患者に比べ、平均21カ月の追跡期間中に死亡する確率が34%高いことが分かった。

 

健康リテラシーの低い患者の傾向として、男性、高齢、政府の医療保険への加入、高校中退、などがみられた。その一方で、他の分野で高い教養や学歴がある患者でも、医療情報の読解については難しいケースがあるという。

 

ペンシルベニア大学 ペン心血管センターのMariell Jessup氏は「指示の理由が理解できなかったり、指示に従うのが困難な患者は、経過が悪くなるのは当然だ」と述べている。

 

さらにMcNaughton氏は、家族や支援者の同行の下で受診することで、問題を解決できると指摘、「患者は、医師からの指示を自分の言葉で反復することで、混乱の解消、疑問点を解決できるのではないか」と述べている。

 

患者が医師の話を理解できないときは、率直に伝えるのがよいということだ。

 

そもそも”健康リテラシー“とは何であろうか。

 

米国疾病管理予防センターでは、The Patient Protection and Affordable Care Act of 2010として、5つの項目をあげている。

 

その中で、“健康リテラシー”とは、個人が健康に対する適切な意思決定を行うために、基本的な健康情報、サービス、そのプロセスを理解するためのコミュニケーション能力を有する程度、としている。具体的には次の5項目が重要なようだ。

 

●(必要な)情報やサービスを探すこと
●健康やヘルスケアについて(他の人々と)コミュニケーションを図ること
●明確に、かつ暗黙のうちに求めているものを(自らが)処理すること
●情報やサービスの選択肢、結果およびコンテキストを理解すること
●自らが行動できるように、ニーズや好みに合った情報やサービスを選択すること

 

では医師はどうすれば良いだろうか。Jessup氏は「患者は自己管理の可能性について正直かつ現実的である必要」がある一方で、「医師は患者の訴えを聞き、服薬をできる限り簡潔にできるよう調整する必要がある」と述べている。

 

 

 

【医師紹介会社研究所’s Eye =記事への所感=】

 

日本とアメリカでは保険制度が違いますので「政府の医療保険への加入」は少し事情が違いますが、男性、高齢、というのは、分かる気がします。

 

また、その患者の持つ知識レベルが関係していること(高校中退、と具体例が出るのは驚きですが)は、どちらの国でも共通しているリスクファクターだと思いますし、他の分野では非常に優秀でも“健康リテラシーが低い患者”は実際に多いのかもしれません。

 

さらにこのことは、急性心不全だけではなく、他の疾患でもいえることではないか、とも思います。

 

私の知人にも、比較的高齢になってから糖尿病と癌を発症した男性がいました。糖尿病で自己血糖測定とインスリン自己注射をしていましたが、血糖測定後にまんじゅうを食べていたり、遠出をするのにインスリンを忘れて家を出たり、ということがよくありました。

 

癌についても病識が非常に低く、癌を発症してから5年目、いよいよ末期になってから「もう治療法がない」と医師から宣告されて、初めてもう長くは無いことに気付いたのだそうです。遅いって。

 

現役の頃はかなり優秀な営業マンだったようですけどね。

 

ここ数年は、以前と比べて一般向けの疾患啓発サイトも増えましたし、テレビでも「COPD」など、特定の疾患についてのCMが流れるようになりました。

 

その影響もあってか、かなり勉強しておられる患者さんも増えてきたように思います。その一方で「現実を見たくない」という意識を持っている人もたくさんいます。

 

前述の男性の場合、その妻も「夫の病気」という問題を直視してこなかったため、「血糖自己測定後のまんじゅう」などということが横行してしまったわけです。

 

患者への指導は、看護師の立場でも悩むことは多々ありますが、患者本人・家族、その中でももっともキーパーソンとなる人物への指導が、重要なのだと改めて感じました。

 

この記事をかいた人


紅 花子

正看護師歴10年、IT技術者歴10年という少し変わった経歴をもつ。現在は当研究所所属ライターとして、保健医療福祉分野におけるライティング業を生業としている。この分野であれば、ニュース記事の執筆・疾患啓発・取材・書籍執筆・コンテンツ企画など、とりあえずは何でも受ける。東京都在住の40代、2児の母でもある。好きなマンガは「ブラック・ジャック」。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


【2015/5/16】 救急車が有料化されたら “入院判定”がカギ?


【2015/5/16】 救急車が有料化されたら “入院判定”がカギ?


【2015/5/16】 救急車が有料化されたら “入院判定”がカギ?


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

【2015/5/16】 救急車が有料化されたら “入院判定”がカギ?

【2015/5/16】 救急車が有料化されたら “入院判定”がカギ?

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法