医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

求人数の少なさがネックになるか?

眼科の医師転職 =市場分析=

 

よく言われることですが、眼科医師の求人情報は他の診療科目と相対するとかなり控えめな数字になっているケースが多いです。手頃な医師紹介会社や医師転職サイトを使って、眼科医の求人を絞り込んで調査してみるとすぐそのボリュームのなさに気づくでしょう。

 

それには様々な理由がありそうですが、点数が下がって眼科クリニックを開業する方が、一昔前のブームと比べて落ち着いてしまったことなど、コンタクトショップの減少傾向がありそうです。勤務眼科医が辞めなければ、当然、求人募集の増加には結びつきません。


専門医取得は有効だが更新条件を忘れない

眼科医師の転職市場において、専門医の取得はそれだけで有利になることは間違いありません。ただし、更新条件があることを忘れないで下さい。1度専門医を取得してしまえばその後はずっと安心ということではありません

 

白内障、緑内障等の手術症例を多く手がけた方は当然有利ですが、市場動向をあまり分かっていない若手医師のなかで、結構な数の人数がいまだに眼科を専門とする傾向は続いています。

 

就業先が「経験重視」なのか「(体力気力のある)若い人材重視なのか」という本音を早い段階で見極めてから、面談に臨みたいものです。

 

コンタクトショップの減少傾向について触れましたが、求人は更に少なめですので注意をして下さい。ご希望の方はマメな求人サイトチェックや、医師転職コンサルを雇いこんで定時ウォッチングさせるくらいの意気込みで臨むべきでしょう。

一時期膨らんだレーシック市場はどうなる?

大手美容外科の戦略的なレーシック専門眼科の出院攻勢によって、興隆を極めたレーシック市場。今後の状況としては厳しいものがあるでしょう。もともと技術がいらない(ほぼ全てを医療機器が行う)分野な上に、レーシック被害者(レーシック難民)という言葉が一人歩きを初めて社会問題一歩手前まできているような状況ですので、一時のアルバイトとして割り切って求人を眺めるに越したことはありません。

 

おまけに、レーシック分野は事業としての採算性が取れないケースが現状ではほとんどです。

 

今後は高齢者需要

 

眼科はどちらかというと患者のターゲット層が広い診療科目です。老若男女問わず患者として応対することが求められます。しかし今後はコンタクトなどの若年層ターゲットよりも、白内障、網膜硝子体、緑内障を中心とした高齢患者をターゲットとして、各医療機関は集患戦略展開を図ってくることが大いに予想されます。白内障患者は入退院も激しく、その数もかなり多いのはご承知のとおりです。

 

そのため、就業希望医師についても、高齢者に受けの良い「やわらかい人当たり」「女性」であったり、白内障と緑内障手術経験および今後のヤル気を相当重要視した上で、採用活動にあたってくることが考えらます。

 

地域格差をとらえよ

 

どの診療科目にも言えますが、診療の性質と医療機関の療圏および経営戦略、そして患者の人口動態によって、エリア毎の医師数には差があります。

 

眼科医の場合は下記のようなエリア格差が発生しており、当然、人口当たりの眼科医師数が少ない地域ほど、好条件での求人も多く、スムーズな転職に繋がりやすい傾向があります(ただし、そのエリアでの居住とあなたが希望するライフスタイルが一致するかどうかは全くの別問題です)。

 

日本眼科学会のデータによると、眼科医は都市集中型の診療科目ですが、埼玉県や千葉県のような人口が多く首都に近いエリアでも深刻な眼科医不足となっています。

 

人口10万人当たりの眼科医数のトップが同学会のウェブサイトで公開されていますが、トップは東京の17.99人、最下位は埼玉の6.16人です(地域格差2.92倍)。この地域格差は、産科・産婦人科の地域格差2.26倍や、小児科の地域格差2.49倍を大きく上回っています。

 

眼科医は大変地域格差が大きい診療科目であるといえます。当然、転職求人市場にもこの数字は大きく関わってきています。

 

都道府県別人口10万人当たりの眼科医数ランキング

1 東京 17.99 2 大阪 14.53 3 京都 13.86
4 岡山 12.75 5 鳥取 12.44 6 兵庫 12.37
7 徳島 12.12 8 高知 11.77 9 福岡 11.76
10 奈良 11.49 11 香川 11.47 12 愛知 11.34
13 広島 10.91 14 石川 10.85 15 愛媛 10.79
16 滋賀 10.76 17 長崎 10.32 18 和歌山 10.14
19 富山 10.11 20 山口 9.92 21 宮崎 9.88
22 福井 9.55 23 熊本 9.54 24 神奈川 9.07
25 沖縄 9.04 26 島根 8.89 27 宮城 8.81
28 三重 8.81 29 大分 8.79 30 山形 8.78
31 鹿児島 8.73 32 山梨 8.68 33 佐賀 8.49
34 群馬 8.41 35 新潟 8.25 36 北海道 8.22
37 長野 8.17 38 岐阜 8.05 39 岩手 7.99
40 静岡 7.96 41 栃木 7.86 42 福島 7.76
43 秋田 7.54 44 千葉 7.29 45 茨城 6.99
46 青森 6.71 47 埼玉 6.16 全国平均 10.55

引用元::日本眼科学会

 

開業前の修行

 

もともと開業率が高い眼科医ですが(医師全体では63.9%が勤務医に対し、眼科医は38.7%のみが勤務医)、コンタクト改定、レーシック市場の混乱などで今後は今までのように楽に開業することが難しい可能性があります。

 

そもそも、眼科医の開業には(特に手術をするばあい)大きな設備投資が伴うことも多く、リスク要素が他の診療科目と異なってきます。

 

現在は転職希望だが将来的には開業も視野に入れたいと考えている先生は、就業希望先の医療機関がどのように市場分析を行い、今後どういった患者をターゲットに戦略を練っているのかをじっくりと盗み取ることをおすすめします。

 

そのためにも、冷静にいまの眼疾患治療(市場)の現状を見据えている就業先を、冷静に調査してから転職することが大事になりそうです。アルバイト希望者以外は、「楽だから」の理由で一昔前の考えのままの眼科へ安易に就業などしないことです。

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


眼科の医師転職 =市場分析=


眼科の医師転職 =市場分析=


眼科の医師転職 =市場分析=


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

眼科の医師転職 =市場分析=

眼科の医師転職 =市場分析=

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一

下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職

CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび

Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法