いくつになっても可能なのか!?中堅医師の大学病院への転職

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
野村龍一

野村龍一

某医師紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

大学病院(医局)勤務を改めて考察してみる

“大学病院”というとベテランの医師もいますが研修医も含め若い医師が多いというようなイメージがありませんか。医師以外の例えば看護師なども、卒後すぐに就職する先が大学病院である人が多いため、どうしても平均年齢は若くなります。

今回は、大学病院で求められる医師の資質と、中堅以降での大学病院への転職について、考えてみます。

大学病院に勤務する医師の実態

厚生労働省の平成26年(2014) 医師・歯科医師・薬剤師調査の概況によると、病院に勤務する医師の年齢は30歳代から50歳代までの構成割合はそれぞれ20%代と、比較的満遍なく従事しているのに対し、大学病院では30~39歳代の医師が45.1%となり、40歳代を上回る年代の医師はかなり少なくなることが分かります。

平均年齢でみると、全医療施設での平均年齢が49.3歳、病院が46.2歳であるのに対し、大学病院は38.7歳と、全体的に若くなります。つまり、他の医療職種と同様、大学病院に勤務する医師は、全体的に若い医師が多いことが分かります。

大学病院勤務についての再考

まずは、大学病院とはどういった病院のことと定義されているのかを考えてみます。

大学病院とは、医科大学に付属している病院であり、診療、研究、教育研修の役割を担う病院となります。医師が大学病院に勤務する場合、各診療科の構成単位である“医局”が、医師の配属先ですから、ので、大学病院に勤務するということイコールその医局に所属する、ということになります。

大学病院の大きな特徴としては、その管轄が挙げられます。医療機関は一般的に、厚生労働省の管轄となります。しかし、医科大学を母体とする大学病院は、医科大学の部分は医育機関という扱いになり、これは文部科学省の管轄となります。

つまり、厚生労働省と文部科学省という、2つの国の機関からの管轄を受けているということが、他の医療機関とは違う、という特徴があります。

大学病院で働く勤務医の役割

次に大学病院で働く勤務医の役割について考えていきます。大学病院の役割は前述したように診療、研究、教育研修という役割を担っていますので、大学病院で働く勤務医は、この役割を担っていかなければなりません。

大学病院には、先進的医療の推進という大きな目的があります。また、地域医療の最後の砦として、高度医療の提供も行っていくため、高度先進医療を患者へ提供するという役割が、大学病院の勤務医にはあります。

次に研究です。大学病院は臨床研究の場としての役割があり、新たな診療法を開発するという社会的な役割を担っています。そのため、臨床研究は必要不可欠と言っても過言ではありません。臨床研究の内容にもよりますが、研究の被験者となる患者へ、実際に“研究中の医療”を提供することも、大学病院勤務医の役割となります。

そして、教育研修です。大学病院の本来の目的は、この教育研修であり、医師・歯科医師の養成に必要な実習内容を充実させるという義務があります。そのため、教育研修の指導に携わるのも、勤務医としての重要な役割となります。

大学病院勤務のやりがいとは

大学病院に勤務する医師のやりがいとは何なのでしょうか。大学病院は日本全国で163施設あり、そのうち本院(医科大学と同じ敷地内にある病院)が79施設、分院が55施設となります。その中でも大学病院の本院78施設が、特定機能病院に認定されています。

大学病院の役割、そしてこの特定機能病院に認定されているという部分に焦点を当てて考えていきます。

まず、診療です。高度医療、先端医療を提供するのが大学病院ですから、その医療に携われるということは大きなやりがいではないでしょうか。特に、年間の先進医療の施行数は、特定機能病院の承認要件ともなっており、高度先進医療に携わる頻度は、決して低くないと考えられます。

また大学病院は一般病院と違い、多くの病院で受診のための紹介状が必要であり、その紹介率も承認要件となります。そのため、一般病院と比べて、各診療科に特化した症例や、いわゆる“珍しい症例”の診療を行うことができるというのが、やりがいにあたるのではないでしょうか。

次に研究です。特定機能病院にはその承認要件の中に年間70件以上の英語論文の提出というものがあります。そのため、平均すると月に5~6件以上の臨床研究が、平行して行われていることになります。

医師として患者を診療するだけでなく、医療のさらなる発展へ貢献したいと考えている医師にとっては、多くの研究ができるこの環境は、非常に恵まれていると言えるのではないでしょうか。そして、研修です。特定機能病院の承認要件には、高度な医療に対する研修も挙がっているため、研修の頻度は一般病院と比較すると、より高度かつ深い臨床医としての研修が、数多く行われていると考えられます。

これらのことから、たくさんの症例や高度先進医療に携わりたい、医療のさらなる発展のために研究したい、専門的な研修により知識を高めたいという医師にとっては、非常にやりがいのある環境であるといえます。

その一方で、患者1人1人と時間をかけて向き合いたいという医師にとっては、大きなジレンマを抱えてしまう環境かもしれません。

大学病院勤務医の給与

最後に大学病院の医業収支や平均年収について見ていきます。

厚生労働省が行った、平成27年の「医療経済実態調査 (医療機関等調査)」によると、得的機能病院全体と、そのうちの国公立を除く医療機関で比較すると、特定機能病院全体に比べ、国公立を除いた医療機関の方が、1医療機関あたりの収支が、黒字傾向にあることが分かります。

特定機能病院全体では、若干ですがマイナス収支です。

医師の年収は、勤務している医療機関の経営状況によりある程度は変動しますので、国公立よりは、私立の大学病院の方が、平均年収でみれば高くなるのかもしれません。

しかし、一般病院と比較するとどうでしょう。平成27年の「賃金構造基本統計調査」などから複合的に考えると、医師の年収には次のような傾向があります。

  • 医療機関規模が大きくなるほど、医師の平均年収は低くなる傾向がある
  • 従業員規模1,000人を超えるような医療機関では、月収よりもボーナスの方が高い
  • 医療機関の規模が大きくなるほど、医師の平均年齢は若く、勤続年数も短くなる

一般病院は、従業員規模でいえば100人~999人のクラスですが、病院によってはそれよりも少ない従業員数のところもあるでしょう。医師の給与という面でみれば、従業員規模と反比例する形になります。

大学病院の場合、ある程度の年齢になると、助教や教授などの肩書がついてきます。こうなると、平均年収は各段に高くなってきます。しかしこれにも人数の上限はありますので、全ての若い医師が、いずれその椅子を狙えるわけではありません。

結果的に、中堅クラスの医師が平均給与を超える年収を得るためには、医療機関の規模が小さくなる方が得策、ということになるのではないでしょうか。中堅クラスの医師が、転職して大学病院の勤務になるためには、自らに課せられるであろう課題(業務)をこなしていく体力や、それまでにずば抜けて優秀な成績を残していく必要があります。

例えば、大学病院でそれまでに無い分野での教育をスタートする際に、他の医療機関で優秀な成績を残している医師をスカウトする例もあります。しかし、これはごくまれなケースであると考えて良いでしょう。


参考資料

平成26年(2014) 医師・歯科医師・薬剤師調査の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/14/dl/gaikyo.pdf

信州大学医学部附属病院
http://wwwhp.md.shinshu-u.ac.jp/function/

公益社団法人全日本病院協会
http://www.ajha.or.jp/guide/6.html

平成26年(2014) 医師・歯科医師・薬剤師調査の概況
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/14/dl/gaikyo.pdf

厚生労働省 大学医学部・附属病院の状況
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/09/dl/s0908-4h.pdf

厚生労働省 特定機能病院の概要
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000107561.pdf

厚生労働省 特定機能病院の承認要件について
http://www.mhlw.go.jp/file.jsp?id=146673&name=2r985200000337n0_1.pdf

「勤務医の給料」と「開業医の収支差額」について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/iryouhoushu.html

厚生労働省 第20回医療経済実態調査 (医療機関等調査) 報告 - 平成27年 実施 -
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/database/zenpan/jittaityousa/dl/20_houkoku_iryoukikan.pdf

2017年5月常勤転職 初心者向け登録推奨Top3社=切れ者エージェントを先生の担当にアテンド

2017年5月常勤転職 初心者向け登録推奨Top3社=切れ者エージェントを先生の担当にアテンド

数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら…まずはこのTop3社だけまとめて登録すれば失敗の確率はグンと下がります。常勤転職、非常勤アルバイト転職の2パターンでそれぞれの初心者にオススメ登録先(有力企業のみを厳選、且つ、成績優秀コンサルを担当につけるよう当方がアレンジできる企業)をパッケージングしてみました(2016年度最新データに基いて分析)。

野村龍一

医師紹介会社研究所 所長 野村龍一のアドバイス

下記の推薦企業は、当研究所所長が先方企業を直接訪問した上で「誠実で親身に医師に寄り添う姿勢」「強引な転職などを誘因しない姿勢」「医療機関から高い信頼を得ている証左」を確認済みの紹介会社です。 各企業上層部には、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」と「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いております。 



 ★登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル高し★ 

医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★登録無料、匿名転職サポート可能、産業医に強み★ 

新興勢力の医師紹介会社の中では最も勢いのある企業です。東京の常勤転職に非常に強みを持っており、同エリアで常勤転職希望に該当する医師は是非とも1度相談をする価値があるでしょう。また、年収1800万円以上の高収入求人や、産業医にも力を入れていることが調査でわかっております。組織規模はまだまだこれからといったところですが、実力派の個性あるコンサルタントが揃っているところから、属人的能力の強い医師紹介会社の1つです。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★業界トップレベルの圧倒的な求人数と非公開求人の充実が売り★ 

医師転職ドットコムを運営する株式会社メディウェルは、医師紹介業界のリーディングカンパニー1角を占めている著名企業です。医師転職ドットコムの最も大きな売りは、他社を凌駕する圧倒的な求人情報数といえます。求人カバレッジエリアも日本全国に及んでおり、非常勤/スポット求人を求める医師のどのようなニーズにも一定以上の回答を用意することができる、数少ない企業の1つといえます。医師紹介会社にまよったら、まずとりあえずは同社に登録をしておくことが、好条件求人を見過ごさないためのポイントとなるでしょう。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力




 ★登録無料、常勤オーダーメイドとアフターケア重視★ 

2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力



 ★登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴10年以上★ 

業界歴10年、全国10拠点展開の老舗企業エムステージ(旧メディカルステージ)では、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

企業格付け評価を見る企業サイトを直接見る

対医療機関交渉力 高条件求人情報収集力 専門人材紹介業総合力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2017年5月版 常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

2017年5月版 非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

無料レポート「医師紹介会社 こんな担当者に注意せよ」配布中

当サイトの「登録」リンクから医師求人転職支援会社にご登録を頂いた方に、私、野村龍一がこっそりご登録者様だけに教える秘密レポート「医師紹介会社、こんなコンサル担当者に注意せよ!」(PDFファイル、約50頁、9,800円相当)を無料でご提供しております。