医師転職サイトの“非公開求人”の実態とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
野村龍一

野村龍一

某医師紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師転職サイトの“非公開求人”の実態をもう一度おさらいしてみる

日ごろから多忙な医師にとって、時間的・精神的な負担をかけずに、効率よく“優良な求人情報”を探す手段とは、どのような方法なのでしょうか?

近年、医師の転職方法の主流になりつつある医師転職支援サービスの“非公開求人”については当研究所でも様々な視点で取り上げていますが、もう一度詳しくおさらいいきたいと思います。

医師の転職活動方法の種類

医師が求人を探す代表的な方法をいくつかあげてみます。

  • 転職支援サービス・求人情報サイト
  • 各医療機関のHP採用情報
  • 都道府県のドクターバンク
  • 公共職業安定所(ハローワーク)
  • 知人の紹介

このように、医師の転職ではいくつかの方法が考えられます。

知人の紹介や、優良なコネクションを持つのは大変幸運なケースであり、最も確実だと思われます。しかし、そういったコネクションがないケースでは、近年、転職支援サービスや求人情報サイトの利用による転職が増加しています。

医療機関側が、このような方法をとるのには次のような理由があります。

  • 確実に人材を紹介してもらえるため、採用に至る可能性が高い
  • 求職者と医療機関側のミスマッチが少ない
  • 採用に至るまでのスピードが速く、迅速に人材の確保ができる

このように、医師を求めている医療機関側の事情から、“医師転職支援サービス”が利用される機会が増えているようです。

非公開求人とは?

転職支援サービス会社が扱う求人情報には、“公開求人”と“非公開求人”とがあります。

非公開求人とは一般的な求人情報誌や転職サイトに掲載されない求人情報のことであり、転職サイトで探しても、見つけることはできません。

これは、転職を希望する医師が、転職支援サービス会社に登録を行い、実際に面談等で求職者の希望や職歴等について話し合った上で、初めて紹介される情報です。

現在、多くの転職支援サービス会社は非公開求人を多く取り扱っており、その多さがアピールポイントになっているケースも散見されます。特に、大手の転職支援サービス会社では、大半の求人が非公開扱いになっているところもあります。

では、なぜ転職支援サービス会社は求人をあえて非公開にするのでしょうか?

非公開と言われると、人間の心理的に、特別な感じを抱きがちになります。もちろん、そういった特別感を持たせ、多くの求職者を集めたいという理由もあるのですが、それだけではない様々な理由が、そこにはあるのです。

非公開求人にする4つの理由

転職支援サービス会社が、求人を非公開にするのには、次のような理由があります。

  1. 応募の殺到を避ける
  2. 効率を上げる
  3. 求人元(医療機関)が、同業他社に採用計画を知られたくない
  4. 重要ポストの採用など、公開が難しい求人がある

それぞれを詳しくみていきましょう。

1.応募の殺到を避ける

優良な求人があれば、応募者が殺到するのは当然です。応募者が多いというのは、一見メリットのように見えますが、デメリットもあります。

例えば、1件の求人に対し数百人の応募があったとします。採用担当者としては、多くの応募者の履歴書に目を通して、ふるい分けをするのに大きな負担を強いられるにもかかわらず、実際に面接してみたいと思う応募者や、条件に当てはまる応募者は数名しかいないというケースが多々あります。

このような選考の手間を省くために、医療機関側はある程度求める人材の条件を提示し、それに当てはまる求職者のみを選別してもらうよう、転職支援サービス会社に依頼をしているわけです。

2.効率を上げる

1は医療機関側の効率の問題でしたが、ここでは転職支援サービス会社としての効率が問題になります。転職支援サービス会社は、医療機関側と求職者(医師)のマッチングが成功することで、初めて報酬が入ります。

求人を公開にして、一件の求人のために多くの履歴書を捌くことになれば、作業の負担も多くなり、また、採用を勝ち取れなかった求職者の応募は無駄になってしまいます。

そういった無駄を省くために、“非公開求人”として人的なマッチングを図った方が、はるかに効率よく収益を上げることができるからです。

もちろん転職希望の医師にとっても、面接の合格率が大幅に上がり、メリットにつながるわけです。

3.他の医療機関に採用計画や採用ルートを知られたくない

どのような医療機関でも、人材の確保は経営のために大変重要であり、優秀な医師や看護師を集めるのに必死です。求人を公開してしまうと、どのようなルートで採用を行っているか、ライバルに知られることになります。

急な欠員の補充なども迅速に対応し、優秀な人材を紹介してくれる、優良なエージェントは、医療機関側からすれば医師確保の切り札となることもあります。

ライバルに知られると、優秀な人材の取り合いになってしまうため、なるべく採用ルートは明かしたくないのが実情なのです。

4.重要ポストの採用など、公開が難しい求人がある

医療機関の場合、部長や院長クラスの求人が公開されたとなれば、大々的な組織改革の予定や、現在そのポストについている重鎮医師の退職・転職を、表沙汰にしているようなものです。

こういった重要ポストの求人は、職場内での不安を招いたり、他の医療機関かsら余計な注目を集めることにつながるため、非公開すべき理由があるのです。

このように、求人を行う医療機関側と、転職支援サービス会社の様々な思惑があることから、特に医師の求人は“非公開”となるケースが多いのです。

非公開求人で転職するメリットとは?

では、求職者にとって、非公開求人はどのようなメリットがあるのでしょうか?一番のメリットは面接に合格しやすいという点です。

転職支援サービス会社は、非公開求人を紹介してくれた時点で、医療機関側からの要求にマッチングした人材であると認識していますので、推奨できる人材として、医療機関側に提案してくれます。

さらに、履歴書の書き方や面接の受け方などのサポートも行ってくれるため、一般で応募するよりもはるかに採用されやすくなります。

また、非公開求人の場合は、応募から面接、採用までの段階が、非常にスピーディーであることも特徴です。

医療機関側からの条件にマッチした人材にしか、求人情報を公開しないため、面接を受ける人数もごくわずかになります。そのため、採用までのプロセスがとても早いのです。

例えば、当サイトで常勤転職総合TOP3に掲げる転職支援サービス会社では、以下のような転職支援への取り組みを行っています。

やはり、非公開情報から転職につながるケースが多いことが分かります。より多くの非公開求人情報を保有している転職支援サービス会社にサポートをお願いすることが、医師の転職を成功させる秘訣と言えるかもしれません。

非公開求人のメリットを生かす第一歩は、信頼できる優秀な転職支援サービス会社に登録を行うことです。

優良な非公開求人を多く持っているエージェントを見つけ、登録時にご自身のキャリアやスキルについて十分に伝えることが、優良な求人情報を紹介されるかどうかに繋がります。

しかし一方で、すべての医師紹介会社が「我こそは優秀な企業です」と自称している事実もあります(そこは彼らも仕事ですから)。

従って、当研究所のような第三者から客観的な視点で評価され、「優秀である」と評された企業から優先に声をかけてみてはいかがでしょうか?闇雲に転職サービスに声をかけるより、ずっと失敗の確率が下がり、転職成功の確率がアップすることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

2017年5月版 常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

2017年5月版 非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

無料レポート「医師紹介会社 こんな担当者に注意せよ」配布中

当サイトの「登録」リンクから医師求人転職支援会社にご登録を頂いた方に、私、野村龍一がこっそりご登録者様だけに教える秘密レポート「医師紹介会社、こんなコンサル担当者に注意せよ!」(PDFファイル、約50頁、9,800円相当)を無料でご提供しております。