医局退職も万全 - 初心者用登録推薦ベスト3社

格付けの高い医師紹介会社を下記で比較

当サイトの医師紹介会社評価基準について

転職成功に必要な医師紹介会社の登録数は?


 

大学医局からの医師「派遣」という言葉は慣習化しているが…

■ 記事作成日 2017/8/22 ■ 最終更新日 2017/12/6

大学(医局)へ所属すると、避けては通れないのが「遠方への勤務異動」です。「君、○○の▲▲、好きだったよね~」これはある医療系ドラマの中で、教授が「左遷命令」として使っていた言葉ですが、実際にこれをやると「法的にはNG」というケースがあります。今回は、大学(医局)からの医師派遣について考えてみたいと思います。

 

大学(医局)への医師派遣の実態

 

大学(医局)に所属していると、いわゆる「系列病院への異動」は、日常茶飯事ですね。実際に、受け入れる病院側もこれを非常に期待している、大学(医局)からの派遣がなければ病院経営が成り立たないところは、全国に多々あります。

 

まずは、2015年に行われた、日本医師会による「病院における必要医師数調査結果」の結果から、大学(医局)からの医師派遣が、どれほどの需要があるのかを見ていきます。

 

都道府県別大学(医局)に医師の採用を依頼している医院の割合(大学病院を除く)

 

このように、自院での医師確保に向け、その採用を大学(医局)に依頼している病院が、全国平均では75%以上もあります。この結果と、同じ調査結果から求められる「都道府県別 必要求人医師数倍率」のグラフと比較してみます。

 

都道府県別必要医師数倍率(常勤ベース)

 

大学(医局)に医師の採用を委託している割合が高い都道府県は、必要求人医師数の倍率が高いところが、多く含まれているようです。

 

一方で、大学(医局)に医師の採用を委託している割合が高いにもかかわらず、必要医師数倍率が比較的少ない京都府や大阪府などは、同じ府内に複数の医科大学があるため、医師確保の手段の一つとして、大学(医局)への委託が多いのかもしれません。

 

現在の医師臨床研修制度は、2004年度からスタートしていますが、これによりいわゆる「初期研修医」が、大学病院以外の病院を選ぶケースが増えています。結果的に、大学(医局)も「医師不足」という状況に陥っています。その上さらに、現在でも「大学(医局)は医師派遣機能を期待されている」という現実もあるのです。

 

「医師派遣」が実は法的にグレーな訳

 

ところで、この「医師派遣」という制度、実は法的には「NG」な部分があることをご存知でしょうか。当サイトでも以前、「医師の就業と派遣法」に関するコラムをお届けしていますが、医師という職業は、一般的な「派遣」が、法的に禁じられています。派遣就業が法的にNGとなる職業には、次のようなものがあります。

 

  • 港湾運送業務
  • 建設業務
  • 警備業法
  • 医療関係の業務 (病院等で行われる看護補助や介護の業務を除く)
  • その他(弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、弁理士、社会保険労務士、行政書士等)

 

このうちの、医療関係の業務をもう少し詳しくみてみます。

 

医師、歯科医師、薬剤師の調剤、保健婦、助産婦、看護師・准看護師、栄養士等の業務。ただし、以下の場合は可能である。

 

  1. 紹介予定派遣
  2. 病院・診療所等(介護老人保健施設または医療を受ける者の居宅において行われるものを含む)以外の施設(社会福祉施設等)で行われる業務
  3. 産前産後休業・育児休業・介護休業中の労働者の代替業務
  4. 就業の場所がへき地・離島の病院等及び地域医療の確保のため都道府県(医療対策協議会)が必要と認めた病院等における医師の業務

 

つまり、医師を一般派遣業のような形で「派遣」してしまうと、「いわゆるチーム医療が成立しない」可能性が出て来てしまいます。また、労働者派遣では「人体に直接的な影響を及ぼす“医療行為”そのものが、禁止されている」という背景もあるようです。

 

さらにややこしいポイントなのですが、大学(医局)が医師を「労働者」として派遣する場合、「職業紹介事業に該当するとみなされる場合は、職業紹介事業の許可(当該医局の属する大学の卒業生の場合は、届出)を取得」する必要があります。

 

つまり、大学側が「職業紹介事業を行う許可を取らなければならない」ということです。これが無い場合は「法的にはNG」となってしまいます。

 

一方で、「いずれ、(派遣先の病院への)就職を予定している派遣=紹介予定派遣」および「研修先が系列病院になること」は、法的にも認められていると解釈できそうです。

 

実際に、大学(医局)での臨床研修期間が終了した後に、教授の「鶴の一声」により、過疎地や地方都市の系列病院への勤務を命ぜられることは、当然の習わしとして今も行われています。ただしそこには「本人(派遣される若い医師)の自由意志があること」という前提があります(後述)。

 

このような場合でも「派遣」という言葉が使われることが多いのですが、実際には一派的な「労働者派遣とは違う」ことを、理解しておきましょう。

 

「研修」という名の遠方への勤務 可能かどうかは何で決まるか

「研修」という名の遠方への勤務 可能かどうかは何で決まるか

 

自由意志について、厚生労働省の資料には次のように明記されています。

 

「自由意思」とは、他から束縛されない自らの考えをいい、具体的には、封建的な親分子分の関係、組織上の上下関係で上司からの命令に服従する関係といった支配従属関係の有無により判断される。上司からの一方的な意思により就職先をあつせんする場合、就職先をあつせんしたがそれを断つたときに以降就職先をあつせんしないこととすることなどの制裁を伴う場合などについては、個別具体の事実関係等から判断する必要があるが、自由意思の束縛につながる可能性があると考えられる。

 

――引用 厚生労働省 職発第100400号 いわゆる 「医局による医師の派遣」と職業安定法との関係について より

 

分かりやすくいえば「個別の具体的な事実関係も判断材料とするべきだが、医師の就職先は、上司から一方的に『○○の系列病院で空きが出たから、来週からそこに勤務ね』という鶴の一声だけで決まるのではなく、本人の意思に基づいて決定されるものであり、断った場合でも、教授が本人に対して、何らかの制裁を加えるのはNGですよ」ということです。

 

もちろん、地域によってはその大学からの派遣医師が来なければ、診療が成り立たないケースもあるため自治体側も必死ですし、大学側も積極的な医師派遣を勧めようとするでしょう。

 

医師という職業の特徴として「この地域では■■科の医師の需要が非常に高い」など、地域性が考慮されることもあります。特に「へき地」とよばれるエリアでは、地域における医療の確保のためには医業に派遣労働者を従事させる必要がある場合なら、という特例も、法的に認められています。

 

さらに「若いうちに地域医療や他科との連携を学ぶ」ことは、医師のスキルとして非常に重要です。将来は大学のある都道府県に就職することを前提として、学費が一部免除されるケースもありますよね。

 

それでもやはり、医師としての就職先を確定するのは、本人の意思なのです。教授からの「鶴の一声」は、流れの中のトリガーに過ぎず、最終的には「自分はこの病院で、医師としてどのような仕事がしたいのか」という自由意志が、もっとも重視されるべき事柄ではなのかもしれません。

 

 

【参考資料】

 

厚生労働省 病院等における必要医師数実態調査の概要
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000ssez-img/2r9852000000ssgg.pdf

 

日本医師会総合政策研究機構 日本医師会 病院における必要医師数調査結果
http://www.jmari.med.or.jp/download/WP346.pdf

 

厚生労働省 職発第100400号 
いわゆる 「医局による医師の派遣」と職業安定法との関係について
http://plaza.umin.ac.jp/~ehara/tsutatsu/Tutatu02.pdf

 

同上 労働者派遣事業を適正に実施するために-許可・更新等手続マニュアル-
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000099161.html

 

 

この記事を書いた人


野村龍一(医師紹介会社研究所 所長)

某医療人材紹介会社にて、10年以上コンサルタントとして従事。これまで700名を超える医師の転職をエスコートしてきた。担当フィールドは医療現場から企業、医薬品開発、在宅ドクターなど多岐にわたる。現在は医療経営専門の大学院に通いながら、医師紹介支援会社に関する評論、経営コンサルタントとして活動中。40代・東京出身・目下の悩みは息子の進路。

医師キャリア研究のプロが先生のお悩み・質問にお答えします


大学の医局から遠隔地へ勤務する「医師派遣」は法的に問題ないのか?


大学の医局から遠隔地へ勤務する「医師派遣」は法的に問題ないのか?


大学の医局から遠隔地へ勤務する「医師派遣」は法的に問題ないのか?


【お願い】この記事があなた様のお役に立ちましたら是非「いいね」「ツイート」をお願い致します。
 

【初心者向け登録推奨3社】 成績優秀コンサルを担当にブッキング

大学の医局から遠隔地へ勤務する「医師派遣」は法的に問題ないのか? 大学の医局から遠隔地へ勤務する「医師派遣」は法的に問題ないのか? 数ある医師転職支援会社への登録に迷ったら・・・まずはこの3社だけまとめて登録すれば成功確率がアップする、初心者にオススメ登録先紹介会社をパッケージングしました(2018年度最新データに基いて分析)。

 

医師紹介会社研究所所長・野村龍一 下記の推薦企業は、私が先方企業を直接訪問した上で各企業上層部に、「当会社研究所サイト経由で登録した医師」に対し、「通常登録の方よりも手厚いサポート」「社内でも特に優秀なコンサルタントを担当につけていただくこと」をお約束頂いています

エムスリーキャリアエージェント


エムスリーキャリアエージェントの特徴
登録無料、すぐ転職しなくても情報収集目的のみで『お試し登録可能』、匿名転職サポート可能、ヘッドハント有り、6000ヶ所以上の医療機関や大学との取引あり、医局の退職事例多数、コンサルタントレベル非常に高い、保有求人数2万件前後。高額求人をオーダーメード獲得する能力に長ける。
価格
登録無料 0
評価
評価5
対象
常勤・非常勤
条件交渉力
AAA
求人情報数
AAA
医療専門性
AAA
エムスリーキャリアエージェントの総評
医師会員21万人を誇るソニーグループ運営の医師ポータルサイト「m3.com」グループ会社。一般人材紹介企業と異なり、医師に特化した上でこの事業規模の大きさを誇るため、好条件の求人情報の収集力がずば抜けている印象がある。当然、所属医師コンサルやエージェントの数も多く、個別の医師に対して「相性のあったパートナー」が探しやすいと言える。年収2500万以上、週4日で年収2200万といった高額条件の案件を多数保有しつつ、個別医師のライフスタイルや家族都合などを考慮した勤務条件を引き出す力にも非常に長けており、自ら医療機関と交渉して好条件求人を創り出すことが可能な企業。

CME@医師転職


CME@医師転職の特徴
常勤、非常勤のオーダーメイド求人とアフターフォローに強み。近年非常に力をつけてきている有力医師転職サイトだが、社長及び幹部の医療人材紹介歴は10年以上と非常に老舗。他社で上手くいかなかった医師でも、医師の立場に寄り添って親身に相談してくれると非常に評価が高い企業。
価格
登録無料 0
評価
評価4.5
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AAA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
CME@医師転職の総評
2011年創業にも関わらず、一気に事業展開を加速させて業界を驚かせている新興企業の1社です。大手医師紹介会社のベテランコンサルタントが集結して立ち上がった企業であり、特徴としては常勤転職へのオーダーメイド求人クリエイト、転職後のアフターフォローの徹底等があげられます。新興企業ですが、担当となるスタッフはベテランが多いため、初めて転職をする医師でも安心して業務を委託できるのが心強いです。

Dr.転職なび/Dr.アルなび


Dr.転職なび/Dr.アルなびの特徴
登録無料、情報収集目的のみでお試し登録可能、業歴が非常に長い医師紹介業界では老舗企業(大手企業の多くも当社のスタイルを模倣した履歴があります)であり、優秀なコンサルタント人材を選んで転職サポート業務を依頼することができます。
価格
登録無料 0
評価
評価4
対象
常勤・非常勤・スポット
条件交渉力
AA
求人情報数
AA
医療専門性
AAA
Dr.転職なび/Dr.アルなびの総評
業界歴10年以上、全国10拠点展開の老舗企業メディカルステージでは、賞味期限の維持管理を徹底された保有求人数6000件以上を誇示する、常勤転職の「Dr.転職なび」に加えて、医師のニーズやご意向を中心に求人を組み立てて創りだすオーダーメイド型の求人サイト「AgentxMedicalStage」等を新たに展開。実際の業務量がわかる求人票の作成へのこだわりや、コンサルタント全員が医療経営士資格取得者として、能力担保を対外的に明示した転職サポーティング体制を打ち出している、高評価の医師転職支援会社です。

常勤転職 =初心者向け登録推奨TOP3社

常勤転職Top3

非常勤/スポット =初心者向け登録推奨TOP3社

非常勤スポットバイトTop3
おすすめ登録2018年

お勧めコンテンツ

当サイトの便利な利用方法